沖縄の野外調査

ここでは、2015年の沖縄での調査の様子を簡単に紹介します。

 今回は海中で生きているサンゴが放射する蛍光の測定に行きました。サンゴの蛍光だけを測定するために特殊な光源を使用しました。

沖縄でのサンゴの調査

 今回作成した光源。情報研の共同研究者より教えていただいた光源を海での測定仕様に改良を加えたもの。光源の準備には少々苦労しました。

 

 今回測定は深夜だったため、写真をほとんど撮っていませんでした。そのため、測定の様子はお見せする事ができませんでした。上は測定の下見の際にタイドプールで見つけたミドリイシ属サンゴ。こんな強光&高温度でも大丈夫なの?と不思議に思いました。

 同じくタイドプールで見つけたヒョウモンダコ(だぶん)。毒があります。擬態の名人なので写真だと簡単には見つけられないです。

今回の測定では、バッテリーの準備など実験室内では簡単にできることが野外ではとても困難であることを認識させられました。さらに沖縄から送った機材が届かず一時行方不明になるなどトラブルもありましたが、何とか測定を無事に行うことができました。